こたつ と申します。
by kotatsurock
プロペラ
 雪と紅葉(こうよう)が一緒に見られるようになってしまったそうな...
 先日紅葉を見にいったのだけど、寒かった!!

 強い風が吹いて、花吹雪ならず紅葉(もみじ)吹雪だった。しかも当たると痛い。そして葉や種が体にまとわりつく。


 すごいね、こうやって何かにひっついて移動して発芽するのだろう。
 紅葉の種を初めて見たときはちょとした感動だった。羽があってなんだかかわいらし。ところがこの度はどれだけ機能的かを体感。家に帰ってから、鞄の中にまで忍び込んでいた。ベランダから風に乗せた。種としてはしめしめといったところか。見知らぬ土地に運ばれてしまったと後悔か。
 外来種、人間が定めた地域、その外からきた生物ということだよね。地球外生物じゃあない。彼らも人を利用して移動し繁殖しているのかもしれない。ただ移動は常にあり、そこに住み着くことができるかどうかは運もあるのだろう。そして今では環境の方が変化している。予想外に住み心地がよかったり悪かったりするのだろう。

 もみじのあとはいちょう。

 樹齢1100年といわれる銀杏。カメラにはおさまりきらない。裏に雌株があり実が落ちていた。ギンナンに目が無いばばが拾い始めた。火ばさみで実から種だけを上手く取り出すばば。私はその分け前をいただくわけだ。こたつまたの名をギンナン...


大銀杏と灯籠の苔

[PR]
by kotatsurock | 2007-11-22 00:43
<< ああ、 ギンナン泥棒 >>