こたつ と申します。
by kotatsurock
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
クリムシくん
 先日栗拾いに行ってきた!
 初めての栗拾いは楽しかった。
 でも、ひとりもくもくうつむいて歩き回るって地味ね。

 収穫は量り売りにて購入。
 量る前に虫食いを選ったのだけど家に帰って見てみると虫がいそうな栗がたくさんあった。
 虫食いと思われる栗はすぐに茹でた。
 そして、いつもお世話になっているお隣さんへ、見栄を張って大きくてきれいな栗を選り出し届けた。ちなみにその栗は豆とピーマンに変わった。

 さて、先に茹でた栗は全部皮を剥いてみた。けれど虫がいた栗は少なかった。

 残りは渋皮煮をつくったYO!

 そこで、義母にもらった渋皮煮の作り方が描かれた紙を探したのだがみつからない。そうこうするうちに数日。栗、虫がいそうだなあ、カスみたいなのがいっぱい出ている。やっとこ作り方を見つけて、作業する気も起こった。
 ところが鬼皮を剥いていると、出るわ出るわクリムシくんが。しかもぷりぷりに太っている。大きくなっている。
 おかしいなあ~ と思ったけど、タマゴが生み付けられているのかなと想像してみる。しかも数日栗食べ放題である。大きくなるわな(笑)。


 渋皮煮はおいしくできました!

 渋皮煮は一晩起き、数個をばばのところへ持って行った。
 ばばを連れての栗拾いだったので、当然、ばばのところにも栗があって、しかもいくらかそのまま残っていた。
 「虫おらんかったよ」っと得意そう。(自身が拾った栗だもんで)
 「残り剥いたげようか」と私。(クリムシがいることを確信している私)
 そして剥いてみた。
 出るわ出るわぷりぷりが(笑)。


 セキセイインコにクリムシをやってみた。
 しかし、町娘の彼女はつついて籠の下、くちばしが届かないところへ落としてしまった。
[PR]
by kotatsurock | 2007-10-14 02:05 | ごはんのこと
<< いきもの日和 プリンの副産物 >>