こたつ と申します。
by kotatsurock
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
三つ子の魂百まで
 大げさですけど、幼い頃の体験というものは影響大きいですね。

 私の母は、お菓子類なるものをほとんど作ってくれたことがありません。電子レンジはありましたが、加熱だけ。温めたり蒸したりするくらいしか使うことがありませんでした。
 ケーキも焼けるオーブンなるものが我が家に登場したのは、かなり最近のこと。その時は嬉しがっていろいろ焼いたと思います。ただ食べるのは私ひとり、材料費も時間もけっこう必要だったのですぐに飽きてしまいました。

 本日、ワケけあってガトーショコラなるものを焼いてみました。前に一度だけ作ったことがあって、その時はもたもたしたため、出来上がりがゴムのごとく歯ごたえありな代物ができちゃいました。まーその記憶もあってか、今日は思いの外手順が良かったような気もするのですが。
 ネットで調べたレシピ、玉子の黄身は砂糖と合わせて白っぽくなるまでという指示に、ムキになって混ぜ合わせていたら酸欠状態か、またもや気分悪くなっちゃいましたよ。ちなみに全て手動です。経験が浅いので頃合いが分からない。
 メレンゲあたりは力まず適当にできたのですけどね。

 焼いているときに、真ん中がもこもこ膨らんできたので、あーあ今回は泡立てすぎたからパサパサになっちゃうのかと思いましたよ。
 型から出してみるとすんなり平らになって一安心。
d0017958_23201654.jpg


 お味の方は、たぶん夜11時過ぎないと食することができないと思いますので追加報告します。

 今回タイトルにした「三つ子の魂百まで」なのですが、かなり大げさです。
 私はべつに家の手伝いを全くしなかったわけでもなく(掃除はしませんでしたけど)、ただ、お菓子作りに関しては接する機会が家庭科の時間くらいのものだったわけです。我が家は、煮物や焼き物が多くて、そういうものなら感覚的に「どのくらいでいい」とか「このくらいかな」っていうのがなんとなく想像できる。すると応用もきく。というわけで、しみじみ何気ない生活から得る感覚というのは大きいのだなと思ったわけですね。
 それらを大人になってから習得することが不可能とかっていうのは全くないです。大人になってしゃんしゃんやる気になるにもきっかけが必要だったりするので、私なんぞは、お菓子作りを試みる機会が少なかったため、今もってその作業が一苦労で、ますますやる気が起きない悪循環なのでありました。

 手作りはおいしいのだけどね。

 今日は本当はクッキーとかも焼こうと思ったけど、力尽きました。今からカレーを作ります。カレーも市販ルーのお世話になります。


 そういえば、母ことばばが作ってくれたお菓子で記憶に残っているのは、食パンのミミに玉子をつけて、油で揚げて、砂糖をまぶすのかな。おいしいよね。あとは冷凍バナナかな(笑)。アイスクリームの代わりですよもちろん!

d0017958_23203461.jpg

追記
 大変おいしゅうございました。
 やった♪
[PR]
by kotatsurock | 2006-03-15 18:17 | ごはんのこと
<< 晴れ男晴れ女、雨男雨女 春うらら >>