こたつ と申します。
by kotatsurock
<   2006年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧
乗り合いバスとか電車とか
 外国へ行ったことがないからよく分からないのだけど、この国では公共の交通機関で大きな声で話す人は少ないと思う。

 ふと。

 静かにするのは人に迷惑をかけないという理由が大きいと思うが、この国でそれはマナーとなっているし、迷惑と感じる自分たちがいることもあるだろう。
 ただ、何でも暗黙の了解的に不自然に閉じてしまうのは不気味だ。
 昨日電車で、外国語の会話が心地よく感じたのはそのせいかもしれない。何を言っているのか分からなかったのもあるけど。
 乗り物というのは、ドアが開閉する度に同じ音が繰り返されるから、案外脳内の状態がヤバイのかもしれないぞ。

 だけど実際に、乗り物の中で皆がしゃべったら、だまって座っている人にとっては非常に辛い。
 私が中学生の頃、徒歩、バス、自転車通学があった。ちなみに私は自転車通学。
 朝のバス、一般の人にとって、この中学生の集団は迷惑だっただろう。雨の日になると乗れない人もいたりなんかする。
 大きな声で話すわ、入り口にたむろするわ、大迷惑である。
 バスの運転手はこの制服を嫌っているなと思っていた。
 ある日(その日はバス登校)、制服を着た帰り道、バス停に向かって歩いていた。バスが近づいているのが見えたので走った。もちろん間に合うタイミングだった。ところが、バスは一瞬止まったのだけど目の前を通り過ぎた。ドアは開いたままだった。
 唖然。
 今なら大問題だな。乗っている人が危険だ。

 その頃のバスの中を思い出すと、乗り合いでは静かにすべしと素直に思う。
 ああ、でもひとりで乗り合い車両の中でしゃべるわけにはいかないな。

 環境を考えて、最近は、バスや電車が信号などで停車したとき、アイドリングストップをする。
 ふっと静寂が訪れる。
 あの静けさは微妙だ。アイドリングストップがいけないという意味ではないです。
 それから、エレベーターが満員になったとき、一瞬しーーーんとする。あの瞬間も微妙だ。思わず呼吸を止めてしまう。

 年の瀬にいったい何を考えているのだろう。
 ちょっと前向きに考えると、今いる場所の、空気が自然に動いていたらいいなと思う。ちょっと席を譲るにも、目の前で誰かが転んでも、すっと声や手を差し出すことができたらいいのにな。自分自身の問題かな。
[PR]
by kotatsurock | 2006-12-30 23:59 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
風景
 市内電車(路面電車)に乗った。
 座ったのはゆずり合いの席のとなり。
 地方で言い方が異なると思うけど、ゆずりあいの席というのは、優先席と名がついているのを見たこともある、お年寄りや体の不自由な人と乗り合わせたら譲りましょうねという席。
 私が座ったときはまだ空いていた。
 ゆずりあいの席は2人分のスペースがある。
 次の電停から乗ってきたおじいさんがひとり、ゆずりあいの席に座った。
 また次の電停でおじいさんが乗ってきた。1人分まだ空いていたけど、少し狭かった。他に空席は無い。おじいさんは通り過ぎて前の方へ行こうとした。私は少し腰を浮かせて、言葉は出さなかったけれどおじいさんに座るようすすめた。おじいさんはすんませんのと言葉には出さなかったけど、ちょこっと頭を下げて座った。私がほんの少し寄って、おじいさんの座るスペースを広げようとしたら、私の隣の人、また隣の人とほんの少し寄ってくれた。難なくみんな座れた。
 次の電停からはたくさんの人が乗ってきた。またひとりおじいさんが乗ってきて一番前まで歩いていった。一番前の人がなんとかスペースを作り、そのおじいさんも座れた。

 なにやら外国の言葉が聞こえてきた。英語ではなかった。最初、中国語かなと思った。しかし、なんとなく中東の言葉かなと思えてきた。大きな声で話していた。女性と子どもだったのかな。

 それから、ゆずりあいの席に座った最初のおじいさんが降りていった。すると、私の隣に座った2人目のおじいさんが、その席の横に立っていた外国の言葉をしゃべる人に、座るようすすめた。声は出さずに、手のひらで示しただけ。
 電車はなかなか混んでいた。

 聞こえる声は外国語だけ。私は耳をかたむけていた。当然意味は分からない。けれど繰り返される言葉があった。笑い声が混じっていた。その話し声が、私には心地よかった。

 そして、2人目のおじいさんが降りていった。その席の前に立っていた女性は、もしかするとおばあさんかもしれないと思ったけれど、座らずに、立っていたもうひとりの外国語を話す子どもに席をすすめた。
 ここではじめて知っている言葉が聞こえた。
 「ナマステ」
 「ナマステ」
 女性は次の電停で降りていった。
 おじいさんが2人座っていた席に、女性と子ども2人が腰をかけた。ゆずりあいの席はほんの少しスペースが空いていた。
 私もじきに立って、電車を降りた。
 外からゆずりあいの席あたりの窓に目をやった。電車内の明かりに照らされた、横を向いて語り合う後ろ姿は走り去っていた。
[PR]
by kotatsurock | 2006-12-29 21:50 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
後悔してみる
 もっと本を読めばよかった
 ちゃんとお風呂に入ればよかった
 もっと出歩けばよかった
 ちゃんと掃除すればよかった

 もちもち
 っゃっゃ

 私の後悔は

 もちもち
 っゃっゃ

 なのだ

【傾向と対策】
 もっと→もっとということは少なからずやっている事。とりあえずやったのだということだ。
 ちゃんと→これは難しい。とりあえずやっただけということだ。レベルアップだな。

【気づき】
 その昔。あー働いたと一年を終えたこともあった。ところがここのところ、私は何もやっていないという思いばかりである。
 ただ、「もっと」とか「ちゃんと」と言うときは、それが自分の、もっと=「やりたいこと」、ちゃんと=「やるべきこと」ということが明白になる。
 後悔が、「あれがやりたかった」「これもしたかった」と言える日がくるのだろうか???
[PR]
by kotatsurock | 2006-12-28 09:21 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
タイトル変更?
 ワンピースの新しい船の名前が決まったそうな。だったらここのタイトルも変えなきゃね。
 さにい箱に。うそです。
 めりい箱ってクリスマスに言うあれじゃないの? メリークリスマス。
 ちがうよ。
 しかも、クリスマス終わっちまった。
 メリーゴーランドからつけたつもりだった。たしか。
 ほら、猫がぐるぐる回ろうとしている。でも失敗。ばたむ。

 テクテククターのサンタの衣装は26日をむかえた0時ぴったりに、スッと無くなってしまった... すばらしい仕事じゃあありませんか。又来年。その前に、お正月の着物姿が楽しみだ。

 それから...
 とうとう空耳が聞こえるようになってしまったと思っていたら、隣の部屋から聞こえてくるスクリーンセーバーの音だった。テレビもラジオもつけていないはずなのに聞こえたのだよ確かに音が。それも間違っていなかった。だけど、確かに鳴っている音を否定しようとする心もなんだかせつないなぁ~と思う今日このごろ。

 JB... なんてこった。
 天国列車のダイヤがどうなっているか分からないけど、はたして天国列車なのか地獄のトロッコなのかは分からないけど。クリスマスだったし、天使の羽がはえたJBを想像することとしよう。
[PR]
by kotatsurock | 2006-12-26 15:47 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
猫夢中猫夢中
 猫まんまカルカンのCMをご覧になったことはありますか?
 どうにも、オレンジ猫の後ろ姿がセクシーなのにはまいった。
 こちらでご覧になれます
 → カルカン・マガジン CMギャラリーより
    (2006.12.22 現在の情報)
 絵取らせていただいた ↓

[PR]
by kotatsurock | 2006-12-22 10:32 | ねこのこと | Trackback | Comments(0)
知るや知らずや
 先日、やかんや、急須のフタを下向きに置くか、上向きに置くか気になることを書いた。その時ウィスルや細菌ばかりに着目していたなと反省。気になる理由がもうひとつあった。それは、残留化学洗剤だ。野菜に付いた農薬を気にするくせに、自分たちが消毒するために使っている洗剤には無頓着な私たち。絶対残っていると思うのだけどなー。
 それは、フタを置く向きに限らずなんだけどね。
[PR]
by kotatsurock | 2006-12-22 09:31 | くらしのこと | Trackback | Comments(0)
下向き?上向き?
 最近、ノ口ウィルスとやらによる食中毒のニュースを見ることが多くなった。人ごとではなさそうだ。

 日々、どうにも気になっていることがある。
 フタをどちら向きに置くか。

 食事時、お膳を出されたら、お吸い物のフタはどちら向きに置くかはマナーで決まっている。よく知らないけど(笑)。それにこの場合、フタを戻すのは食べ終わった後なので問題ない。何が?
 気になるのはヤカンや急須、おなべのフタである。
 ヤカンに水を足すとき、フタを流し台に置く。下向き上向き?
 急須にお湯を入れるとき、フタをテーブルの上に置く。下向き上向き?
 おなべの中身を味見するとき、よそうとき、フタを流し台の上に置く。下向き上向き? とまあ、気になるのである。

 流し台もテーブルも清潔にしてあれば問題ないし、熱が加わるので支障は無さそう。
 だけど、会社の給湯室とかは誰が何を置いているか分からない。それなのに、みんな平気で下向き(え?上向き?)に置くのだな。安定性はばっちりだ。

 私は潔癖性なわけでも、きれい好きなわけでもないのだけど、それだけは気になるのだ。
 賞味期間が過ぎてもへいちゃらで食べてしまうし、毎日お風呂に入らなかったり、掃除は苦手だったりするのだけどね。

 しかし、だんだんとウィルスが強力になっていく。それは、殲滅しようと攻撃する人間への反撃だ。いや、かれらも繁殖していこうとしているわけだな。進化の過程で勝利するのはウィルスたちかもしれない。
[PR]
by kotatsurock | 2006-12-19 13:35 | くらしのこと | Trackback | Comments(0)
ささやかな妨害
 昨日横着をして、近所のお好み焼き屋より持ち帰りして、昼食をいただいた。
 私は、うどん肉玉ネギかけを注文した。
 おいしいねと言いながら食べていたのだけど、なぜか箸が開かなくなった。
 ネギの輪っかが2つ、箸にはまっていた。
[PR]
by kotatsurock | 2006-12-18 15:27 | ごはんのこと | Trackback | Comments(0)
シャボン玉洗顔
 お風呂場には固形の洗顔石鹸。洗面台にはポンプ式液状の洗顔石鹸。
 私は、横になるとすぐに意識が無くなってしまうので、よく化粧したまま眠ってしまう。それで、その前になんとか洗顔だけでもできたら良いのだけどなかなかね。

 さて、この液状というかクリーミーな洗顔剤。石鹸よりも簡単に泡立つ。

 泡立てて~♪(やすしきよしのネタ、玉込めて~な感じで)

 ま、それ以上ネタに合わせる言葉が見つからないのだけど、その泡で顔の汚れを落とす。そして、ぷぅ~~~っと鼻で息を出して、鼻ちょうちん。シャボン玉飛ばない。
[PR]
by kotatsurock | 2006-12-10 11:03 | くらしのこと | Trackback | Comments(0)
年賀状には使えませんね コケッ

 
[PR]
by kotatsurock | 2006-12-09 23:35 | つぶやき | Trackback | Comments(0)