こたつ と申します。
by kotatsurock
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ:ねこのこと( 61 )
ねこ001
ねこ

[PR]
by kotatsurock | 2008-04-02 00:00 | ねこのこと | Trackback | Comments(0)
猫風呂
 先日、と言ってもかれこれひと月くらい前になるのだけれど、いつも見ている(必殺ROMダーです)猫ブログへのコメントで「猫風呂」という言葉を目にした。それで「想像してみた」のだけれど、自分のブログネタを完成させるまでに(作業をはじめるまでに)ずいぶんと時間がかかった。最近は、やろうと思ったこととりかかるまでに時間がかかる。時間がかかるどころかちょっとしたことも実現しないことが多い。ただでさえ時の流れに乗れていないというのに、そのうち風化してしまうかも...

 えー猫に鰹節といいますが、鰹節の話をしようと思いまして、あいやその前に鰹節を入手したいきさつなど紹介してからと思っていたらそれは夏の話題で、せいぜい夏の思い出くらいでまとめようと思っていたら、いつの間にか11月に突入してしまい、そのうち鰹節にまつわるつまらない出来事がいろいろありながらも最初からまとめる気力が全く起こらないという有様でありましてさ。

 ということで猫風呂をまず完成させてみた。
 ほんとうはお湯なし100%猫をイメージしていたのだけど... 力足らずであります。私の足はどこ?


 
[PR]
by kotatsurock | 2007-11-01 14:30 | ねこのこと | Trackback | Comments(0)
奇猫
 執筆しました。嘘です。



 パクリもと→講談社 BOOK倶楽部
[PR]
by kotatsurock | 2007-10-29 12:15 | ねこのこと | Trackback | Comments(0)
マゴクロ
 近所の野良猫を、勝手に名付けて呼んでいる。
 白に黒の斑がある喧嘩に強い雄猫をセンセイ。ちなみにセンセイは首輪をしているのでどこかの家の猫らしい。
 あとは適当に色とか模様だね(笑)。
 茶トラはオレンジ猫とか、縞模様はシマちゃんとか。
 そして、黒はクロちゃん。
 クロちゃん雌。私たちよりも長くここら辺に住まっていた。にゃ~~~~~とかわいらしい声と共によく姿を見せてくれた。
 そのクロちゃんが子どもを産んだのは2年前かなあ。2匹の黒猫が遊ぶ姿はなんともかわいらしかった。そしてクロちゃんの子どもをコクロちゃんと呼んでいた。成長し、2匹のうち雄と思われる活発なコクロちゃんが姿を見せなくなった。雌のコクロちゃんは親のクロちゃんとここで生きることを決めたようだ。

 昨年、コクロちゃんが恋をした。
 新参者(シンザンくんと呼んでいた...)の猫と毎日毎日よりそっていた。そのうち新参者の姿をみることは無くなった。それは秋だった。そして冬がやってきた。
 それからシンザンくんが姿を見せることは無かった。他の新参者が通ることはあっても。
 そして春が来て、初夏の萌しあるころ、クロちゃんの姿を見なくなった。

 「クロちゃんどこ行ったんかねえ」

 「クロちゃんどこ行ったんかねえ」

 なんとなく分かっていても口にしてしまう。

 心配なことにコクロちゃんの姿も見かけなくなった。

 口に出るのはなぜか、「クロちゃんどこ行ったんかねえ」

 コクロちゃんは姿を見せてくれた。なんとなく痩せていた。
 そして、近くで見かけたときよく見ると、お腹が垂れ下がっておっぱいが見えていた。
 もしや!?

 心待ちにした。
 なんとなく、そろそろお披露目してくれるのではという予感で、毎日(笑)きょろきょろと辺りを見回しながら歩く。

 いた!

 3匹。黒、黒、黒白。
 もう、かなり大きくなっているではないか!

 しばらくして、またのぞいてみると、コクロちゃんがお乳を与えていた。まちがいなくコクロちゃんの子どもたちだった。

 いつもお母さんのそばにいて、まだまだ小娘だったコクロちゃんがお母さんになった。
 涙が出てくるよ。
 うれしくって。

 子猫たちは元気いっぱい。うちのベランダからも見ることができた。早朝、ベランダからながめた。ずっと見ていそうだ。




 台風が近づいている。
 がんばって生きのびるのだよ!

 あ、お父さんは誰だろう?
[PR]
by kotatsurock | 2007-08-02 12:38 | ねこのこと | Trackback | Comments(2)
先生
 近所で見かける猫を、勝手に名前をつけて呼んでいる。たいてい色や模様から自然と呼ぶようになる。黒いとくろちゃんとか。大抵、野良猫なのだけど、飼い猫もいて、その猫のことは先生と呼んでいる。もちろんニャンコ先生からいただいた。白に黒が少し。

 先生は強い。

 外から猫の雄叫びが聞こえてくる。窓からのぞいてみると2匹の猫がにらみ合っている。先生と野良猫だ。2年前はサバトラ猫、昨年はオレンジ猫と白猫、今年は黒白猫と。
 鳴いて威嚇するのは相手の猫。先生はだまって睨んでいる。
 そして、相手はじりじりと間合いを詰めてくる。
 かなり長い間、その状態が続く。
 先生は微動だにしない。
 そして相手は、しっぽをたらして去っていくのだ。

 先生強い!
 でも、女、子どもには手を出さない。
 暖かくなり始めのころ、白い雄猫がくろちゃんの寝床(なかなか良環境だった)を襲っているのを見たことがある。けしからんと思ったけど、くろちゃんも負けてはいなかった(笑)。
 その白猫は先生に追っぱらわれたに違いない、と信じている私。


 昨日、階段を下りていると、先生とばったり出会った。いつもならサササと逃げていくのに、その時は逃げなかった。先生と声(通じるはずがない 笑)をかけて、写真を撮らせてもらった。それからな、なんと! 触らせてもらった。ゆっくり手を伸ばし、指先をにおってもらって、触っていい? と問いかけながら、後ろあたりをゆっくりなでさせてもらえた。ぎゃーうれしい!
 じつは先生、なにやら別のことが気になっていたようで、人間ごときには気が回らなかったようだ。黒白猫との対決はその後のことであった。

 いやー先生の顔は恐カッコイイよ。
[PR]
by kotatsurock | 2007-04-11 10:52 | ねこのこと | Trackback | Comments(0)
新参者発見
 本格的に春の陽気となり、猫の活動も盛んになってきた。悩ましい鳴き声よりもまず、縄張り争いの声が届いてくる今日このごろ。またもや新参者発見。先生(近所の飼い猫を勝手にこう読んでいる ちなみに白に黒)かとおもいきや、先生より黒が多い。

 (猫発見)

 降りようかな~

 よっこらせ

 よっこらせ、よっこらせ


 あぎーっ
 はまってしまった

 (指、長っ)

 な、なんとか脱出

 やれやれ


 猫だからと言って、勝手に失敗したところを公開するのもどうかと思いますが、許せ猫よ。影も一緒にお楽しみ下さい。
[PR]
by kotatsurock | 2007-03-26 15:41 | ねこのこと | Trackback | Comments(2)
あなたは何猫?
 くだらないけど、私としては力作なので、やってみてくださいませ。
 もしかすると、単なる誘導尋問でしかないかもしれません。


さてあなたはどのタイプ?
d0017958_1924560.gif
※文字が読みにくいようでしたら、図をクリックしてください。拡大されます。

結果はここをクリック
[PR]
by kotatsurock | 2007-01-27 22:12 | ねこのこと | Trackback | Comments(2)
猫夢中猫夢中
 猫まんまカルカンのCMをご覧になったことはありますか?
 どうにも、オレンジ猫の後ろ姿がセクシーなのにはまいった。
 こちらでご覧になれます
 → カルカン・マガジン CMギャラリーより
    (2006.12.22 現在の情報)
 絵取らせていただいた ↓

[PR]
by kotatsurock | 2006-12-22 10:32 | ねこのこと | Trackback | Comments(0)
数日前の雨上がり

 
[PR]
by kotatsurock | 2006-12-01 08:49 | ねこのこと | Trackback | Comments(0)
秋は恋の季節
 近所猫の話。

 近所に黒猫がいて、我が大家さんに時々ごはんをもらっている。それで、ここの住民はみな、この黒猫のことを知っているようだ。
 我が家では勝手にクロちゃんと読んでいる。
 そのクロちゃんが昨年子どもを生んで、2匹が育った。
 その2匹のうち1匹は見かけなくなったけど、オスっぽかったのでよそへ旅だったと思いたい。そしてもう1匹はメスみたい。甘えん坊で臆病者だったので、ずっとお母さんと一緒に暮らしていた。コクロちゃんと呼んでいる。

 彼女たちは、私たちを見ても逃げないけど、一定の距離を保つ。ところが、大家さんのお父さんの後ろは付いていく。ベランダから眺めていて、かわいいなぁ~とちょっと嫉妬(笑)。


 最近、新参者がやってきた。
 シンザンと呼んでいる。
 猫を他にもいろいろと見かける。
 それから、首輪をつけている老猫がいる。ときどき他のオス猫とにらみ合いをしているけど、めっぽう強い。鳴かず睨むだけで追い払ってしまうのだ!おそるべし。彼をニャンコ先生、センセイと呼んでいる。

 さて、このシンザンくん。最初は、ビクビクしていたけどここらへんで暮らすことを決めたようだ。暑い時、クロちゃんの寝場所を独占していたときは、ちょっと脅かしてしまったけど、私なんぞと出会った日にはいちもくさん逃げていたものが、今ではこちらをじっと様子をうかがうようになった。センセイとの衝突はあったのか? しばらく夜のケンカ声が聞こえたこともあったけど、今はもう無い。

 そして、こともあろうかこのシンザンくん。コクロちゃんの心を射止めてしまった。

 最初は、同じスペースに一緒にいるのを見かけた。私たちを見てもすぐに逃げなくてよいのは、コクロちゃんの態度を習ったようだ。
 そして、いつもいっしょにいるようになった。
 ふたりで現れて大運動会。
 そしてふたりでお昼寝。
 ぴったりひっつくようになった。
 ナメナメし合って、ふざけあって... 恋人ビーム発散。
 人となんら変わらん。

 どちらかというとコクロちゃんのほうが熱くなっているようだ。
 シンザンも何となくいい男な雰囲気が漂っている。少し変わった。

 連日、ふたりがいちゃつくのを見ることが出来るようになった。それにしても仲良すぎるぞ!
[PR]
by kotatsurock | 2006-09-19 10:04 | ねこのこと | Trackback | Comments(0)