こたつ と申します。
by kotatsurock
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:すばらしい仕事( 6 )
魔法瓶
 なんて素敵なネーミングなんだと常々思っている。

 先日、やっとここの魔法瓶を購入した。
 電気ポットは便利なのだけど、場所をとるし、うちでは有効活用できそうもない。夏は仕舞ってしまわないとならないし。でも、夏は冷めたものでも平気だけど、これからは温かいものが飲みたくなる。お茶がすぐに冷めてしまうので悲しい。ということで魔法瓶を購入した。
 小さめでシンプルな魔法瓶。気に入っている。


 ところで、この魔法瓶というネーミング。とても好きなのだけど。ということで検索してみた。

 まずは、Wikipediaにて→魔法瓶
 保温というか、熱が伝わって、失われるのを防ぐ。真空状態におかれることが、それを防ぐに最適なのだけど、その状態を造ることは困難。そこで、エネルギーが電磁波の形をとって放射されることを防ぐために、鏡面で反射させて戻していたとは。ははー。説明を受ければなるほどと思うこの構造。子どもの頃、壊れてしまった魔法瓶が鏡みたいになっていて、それ以上なぜなのだろうと思わなかった自分が情けない。
 ちなみに、今ではステンレス製の優れた保温容器があるけど、行楽の良きお供となっている。あの保温性はすばらしいよなぁーと。

 そしてネーミング。
 「日本電球」という会社が商標登録しなかったそうである。商標登録していてもこの名前は使われていたかなぁ~。どうだろう。岩下志麻のあのCMは無かっただろうな。そういえば、象印って、象印マホービン株式会社って名称だったのね。象印という社名だと思っていた(笑)。
 そうそう「IBPC大阪 ネットワークセンター」の日本のマーケット情報という中に、魔法瓶の説明がされていてこれも分かりやすい。


 魔法瓶にお湯が入っていると思うと、温かいお茶も、このコップの中、飲み干しても安心なのだ。
[PR]
by kotatsurock | 2006-12-01 10:44 | すばらしい仕事 | Trackback | Comments(0)
あるドラマ
 ベランダから公園が見える。
 ゴミ箱がある。スチールかなにかの網状円筒系のどこにでもある公共のゴミ箱だ。

 そのゴミ箱担当の猫がいて、我が家では名前をつけて呼んでいる。名前は内緒。
 その猫が近所に出現するようになった最初の頃は、いつもゴミ箱の横にいた。ゴミが捨てられるのを待っているかのように、忠犬ハチ公のごとく待っていた。時にはゴミ箱の中に入り込んでいることもあったが。
 そのうち、燃えるゴミの収集日に、家庭ゴミを襲うようになってしまった。
 ゴミの日には必ず現れる。でも、なぜか憎めないキャラクターなのだ。

 そのへんをのっそのっそ歩いていたりする。
 こっそり後をつけてみた。
 なにやら前方に集中しているようで後ろの私には気がつかない。
 そして前方には我が家のアイドルのら猫の黒ちゃんがいた!
 と、敵対するわけでもなく近づいて横にねそべった。
 黒ちゃんが大家さんにときどき食べ物をもらっているのを知ったのだろう。ゴミ担当以外にも業務を得たようだ。
 ある日その猫、小黒ちゃん(黒ちゃんの子ども)に引率されて歩いてたそうだ(つれあい談)。他に、猫たちの知っているエサ場があるのだろうなぁ~。
 そういえば、その猫も別の猫を連れて公園のゴミ箱へ案内しているのを目撃したことがある。可笑しいのだけど、そう見えたのだ。

 さて、その公園のゴミ箱のこと。
 家庭ゴミを捨てに来るおじさんがいる。黒いビニール袋に入れて。
 そして、周りに捨てられたゴミを集めて掃除をする人もいる。もちろんゴミはゴミ箱へ。
 公園でコンビニ弁当を食べてゴミ箱に捨てる人がいる。
 ゴミ箱を物色する猫がいる。
 そして、収集車がやってくる。ゴミを収集する人がいる。

 おどろいたことに、ゴミ箱から何かを拾う人もいた。

 それは、浮浪している人ではなく、買い物帰りの日傘をさしたおばさんだった。遠目でよくわからなかったけど、あまり汚れてなさそうな袋をひとつ丸めてポケットに入れた。そして、缶を3つばかり検めてプチンという音をさせていた。プルトップ部分だけを集めたのではないかと推測される。

 ゴミ箱をめぐる日常もなかなか深いものがあるのだな。
[PR]
by kotatsurock | 2006-11-16 13:27 | すばらしい仕事 | Trackback | Comments(0)
将棋の時間
 日曜日の朝は仮面ライダーカブトを見て、あとはサンデーなんとかでスポーツのあれこれ(カツーとかアッパレー)を見たりする。チャンネルは固定されていない今日この頃。
 日曜日と言えばじつは日曜美術館を楽しみにしているのだけど、最近は集中して見ることもなく気がついたら終わってしまっている。
 日曜美術館にチャンネルを合わせていると、10:00になると「将棋の時間」が始まる。チャンチャンチャラランチャララララン♪ なぜかテーマ曲は全部聞いてしまう。

 さて、この「将棋の時間」なのだが、最近、司会者のひとりをあのオペラ歌手錦織健がされている。

 もみあげのラインが気になってしょうがない。
 それについて深く言及するのは野暮というものか。
 でもメイクだよね。
 顔を△△さく見せようとしているのかなぁ~
 やはり不自然だ。
 でも目が釘付け。

 この方が司会をされるようになって、「将棋の時間」を最後まで見るようになってしまった。でも将棋の説明は聞いていないかも。あいえ、司会者としては非常によろしいかと思います。
[PR]
by kotatsurock | 2006-10-29 10:29 | すばらしい仕事 | Trackback | Comments(0)
あっぱれ段ボール
 電気製品などを購入すると、必ず梱包されている。主に段ボールに入って家に届く。そして、品物は取り出され、段ボールは解体されて資源ゴミとなる。

 その、段ボールを解体するときにいつも思うこと。
 中身を固定するために、発泡スチロールとかその他緩衝材が使われていることはもちろんだけど、さらに段ボールが使用されていることがある。そして本体と部品、付属品が分けて収められている。
 その、中に使われている段ボールにいつも感心する。
 きっと、専門の会社が請け負い、梱包される製品の大きさや部品の大きさ、数をうまく収められるように設計されるのだろうなー。切り込みや折りだけでみごとな型になる。壊すのがもったいないくらい。

 おみやげにいただいた饅頭の箱なども、糊などいっさい使わなくてもよいつくりになっていたりする。

 箱を捨てるのがなんだか苦手なのだけど、それでも全てを残しておくわけにはいかないので、しばらくは除けておくが、結局は解体して資源ゴミに出す。
 解体していると、作った人の工夫にいつも感心させられる。
[PR]
by kotatsurock | 2006-09-13 11:26 | すばらしい仕事 | Trackback | Comments(0)
どのようにして前に進むのか
 窓から近所の野良猫を観察するのも楽しいですが、作業をしている人を見ているのも好きです。
 先日、なにやら電話線を新しく通していました。
電話線の進路

 電話線はこのようになっていて、張り渡す作業は、ひとつのポイントから次のポイントまで、線そのものの強さを利用して挿入して送られていました。次のポイントで待っている人が、また次のポイントまで線を押し、送る。
 そのポイントに電柱がある場合は、電柱に上り、無い場合は電話線に梯子をかけ、不安定なところを上って作業していました。たいへんだね。もちろん、よく見かける人が乗る籠のようなものがついたクレーン車も出動しています。でも、実際のところ、クレーン車だけでは対応しきれないほど作業量があるのでしょうね。人海戦術は結構な作業効率になるのです。

 それできっと私たちがネットを楽しんだりできるんだろうなーなんて思ったり。今回は関係なさそうです。もちろんお給料もらって仕事しているわけですが、危険だったり休日だったり。電話一本、ネットで契約完了でいろんなサービスを利用することができる昨今、地道な作業なくしては成り立ってはいかないこと、忘れてはならないですね。
 なんでもかんでもすぐに手に入る世の中になってしまいましたが、あのアマゾンでさえ本の仕分けは手作業でやっているらしい。
 異空間移動が可能になれば話は別ですけど。

 こんな事を書いておきながら、私は呑気に一生懸命仕事している人をながめてばかりいて情けなく、やっぱり言葉が出なくなりそうです。要するに私、働けです。
[PR]
by kotatsurock | 2006-06-26 09:04 | すばらしい仕事 | Trackback | Comments(0)
ごま油の抜け殻
ごま油の空き瓶

 これはごま油の空き瓶です。
 ちなみに、えらくカッコいいチラシをバックに使いましたが、映画は未見です。

 さて、リサイクルのため、ビンはキャップとパッケージをとって、洗って資源ゴミの日に出すことになっています。
 まあ、洗うことで水質汚染に繋がるのでは? と疑問もあるのですが、別の話題になってしまうのでここでは提議するだけに留めておきましょうかね。(提議ってどこへ? というのも謎ですが)

 ちょっと感動したので、そのことを話題にしたいと思います。
 パッケージを捨ててしまったので、メーカーがどこのものか分からなくなってしまいましたが、そのパッケージを剥がすときにまずビックリ快感。破線が2本あって、上から下へ(下からでもかまいません)へペラペラペラと簡単に切れます。大抵1本の破線で、切り始めに爪が痛かったり、斜めにちぎれたりとそーすんなりはいきません。そして、パカッと両側に開いたら、このセクシーなお姿。あー、まるで不二子ちゃんのライダースーツの真ん中のファスナーを...あとはご想像におまかせします(笑)。そして、キャップもなんなくすっぽりとはずれ、ビンの口もまた素敵な形。これまた大抵、コツと力が必要で、キャップの上部だけちぎれたりするのですよね。

 そして、全体をながめて、この空き瓶に惚れ惚れしてしまいました。
 12面になっているのも素敵です。
 一輪挿しにでもつかいましょうかね。

 「すばらしい仕事」というカテゴリーを作ったので、日々、感心する仕事っぷりに出合ったら綴っていきたいなと思っています。
 それにしても、ガラスを写真に撮るのは難しいですね。

 それから、エキサイト、ネームカードを登録すると容量が1GBになるって、んな極端な。しばらく付けてみたのですが... 微妙です。引きこもりブログなので、カードの設定も誰ともリンク(最低限、いくつか設定しないとならないのです)しないようなキーワードばかり設定しちゃったりなんかして。ちなみに、登録さえしていれば、表示しなくても容量は確保できるようですね。どちらにしても、今まで、30MBだったうち5MBしか使っていないので1GBだと.... 世のブログブームはどのように変革していくのでしょうかね。
[PR]
by kotatsurock | 2006-06-25 18:04 | すばらしい仕事 | Trackback | Comments(0)