こたつ と申します。
by kotatsurock
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ:ごはんのこと( 54 )
お中元のお裾分け
 わらしべ長者になれるか?
 お土産のお土産がまたお土産に。
 と言っても、我が家はまだまだいただきっぱなしだ。

 先日お中元のお裾分けをいただいた。
 ハムセットの中の生ハムと、ロースハム。
 ロースハムは早々に食べてしまったが、生ハムはどうやって食べたら美味しいか知らなかった。一度だけ食べたことがあるのだが、それはとても塩辛くて、生ハム=不味いと思い込んでいたのだ。

 よく耳にする「生ハムメロン」という言葉。しかしメロンが無い。

 お墓参りで、偶然出会った母のおばに、もぎたてのキュウリをいただいた。普通のサイズよりも4倍くらいでかい。皮もむいて、種も取って食べる。なんとなくメロンに近いじゃぁ~ないか。ということで、「生ハムキュウリ」をしてみた。まあまあかな。でも、そのまま食べた方がおいしかったかもしれない。
[PR]
by kotatsurock | 2006-08-07 19:13 | ごはんのこと | Trackback | Comments(0)
ごはんのことあれこれ
■■■ こたつクッキーングタイム ■■■

 って、たいそうなことはありません。

【ごぼうの黒ごまサラダ】

材料:
   ごぼう 適量
   黒ごま 適量(多め)
   マヨネーズ 適量
   酢   適量(少し)
   砂糖  ほんの少し
   胡椒  少々
作り方:
・ごぼうをささがきにし、水につけアクを抜く(長時間つけておかないように! うまみが逃げます)
・ごぼうをさっと(1分くらいが目安)ゆがき、冷水でさっと冷やし、水をきる。
 ゆがくとき、塩を少々。
・ごぼうをかるくしぼって水気をとり、砂糖、酢、マヨネーズ、胡椒はお好みで入れ混ぜ合わせる。
・黒ごまはキッチンペーパーにつつみレンジ500wで約20秒程度チン。(※くれぐれも長時間加熱しないように!)もちろん、フライパンで煎った方がおいしいかも。そして黒ごまは擂(す)る。そして、上記ごぼうに混ぜ合わせていただく。


【梅ジュースヨーグルト】
 いやぁ~これはご存じと思いますが、自家製の梅ジュースまたは梅酒などがありましたら、だいたいカルピスの分量で牛乳と合わせて呑んでください。ちょっとしたのむヨーグルト。体に良さそう。夏ばて防止に。くれぐれも、昼間梅酒でやらないように!
 ちなみに、炭酸を加えてもおいしい。氷を砕いてシェイクしてもおいしいかなぁ~ やったことありませぬが。


【香辛料あれこれ】
 カレーを作るために揃えた香辛料。クミンとコリアンダーのパウダーを普通の炒め物や肉を焼くときに使うとめちゃくちゃ旨くなる。ハンバーグや餃子にもつかうのだ。ハンバーグや餃子にはシナモンパウダーも入れてみたりする。それから白ごまを擂って入れる。カレーはいまだ修行中。

【しょうゆ】
 最近重宝しているのが、にんにくを漬けたしょうゆ。テレビで先日見た青唐辛子漬け醤油をこの度作製してみた。どうだろなー楽しみ♪

[PR]
by kotatsurock | 2006-07-27 12:11 | ごはんのこと | Trackback | Comments(0)
指先の記憶
 もう少ししたら、枝豆の季節ですねぇ~
 何故に枝豆かといいますと、お隣さんにフキをいただいたのです。
 枝豆?フキ?
 何故に?

 フキを自分で調理するのは実は初めてです。それほど好きでもなく、下ごしらえが面倒そうだったので避けていました。先日、食パンを焼いたおり、はずかしくも半分をお隣に持って行ったのでありました。今日、ばったり玄関先にて出会い、田舎のフキがあるので「食べますか?」ということで「食べます」といただいたわけなのでした。
 わらしべ長者になれそうですね。

 フキを調理していて、子どもの頃、フキの筋取りを手伝ったことを思い出しました。「こうやるんよ」とばばに教えられて、手伝いというより単におもしろかったからやった、そんな感じでした。
枝豆 同じくばばに教えてもらった事の中に、枝豆を湯がく準備があります。頭とお尻の両方を「こうやって切るんよ」と。そして、塩でもんで、うぶ毛みたいなのを「取るんよ」と。
 フキは初めてでしたが、枝豆はシーズンになると何度か調理します。その度に、ばばのことを思い出すんですよね~(生きておりますです)

 なんだかちょっといい話?

 そうそう、ばば意外にも作業中思い出す人たちがけっこういます。
 ホットケーキミックスをかき混ぜる度に思い出す友人、タマネギを剥くときに思い出す友人、とうもろこしを食べるときに思い出す友人、プチトマトのヘタを取る時に思い出す友人、お弁当フォークを使うと思い出す友人......
 思い出と共に。

 そういえば
[PR]
by kotatsurock | 2006-04-17 20:25 | ごはんのこと | Trackback | Comments(2)
こっそりとお楽しみ
 4月になりました。
 こちらの桜の見頃はこの週末かな。
 先の日曜日に平和公園を通ったのですが、咲き始めでした。つぼみをまじまじと見るのもけっこういいものですね。ほんの少しだけ花びらが見えてる。たぶん今まで何していたのと言いたいくらいに一気に満開になりそうです。
 そういえば、雀が花を摘んでいましたよぉー。食べていたのか、落としていたのか....
 (下写真:4月2日撮影)
原爆ドームと桜と雀


 先日食パンに再チャレンジしました。
 前回、失敗した原因が、型が1.5斤サイズであるにもかかわらず1斤分の分量で作ったこと。それから、2次発酵の温度が足らなかったことの2つでした。今回はレンジオーブンの説明書を読んで、まだ少し発酵が足らなかったようですがなんとか食パンの形になったかな。
 焼きたての味は最高。でも、食パンとしてはまだまだのようです。
 次は、丸めたやつを焼いてみようかな。
焼きたて食パン 焼いたパンはちぎって食べてしまったので、早々に小さくなってしまったのですが、翌朝の分はありました。ということで、買っていた食パンの残り2枚は翌々日に。
 今朝、焼こうと思ったら、ポチポチ、カビらしきものが... そこだけちぎって焼いちゃいました。つれあいには秘密です。私は少々ではお腹を壊さないのですが、彼はすぐ当たってしまうので要注意です。あとで聞いてみよう(笑)。

 “こっそりとお楽しみ”はですね。
 お弁当用のウインナーを、昼に、オーブントースターで焼いて食べること。
 ウインナーって、毎回買うのに、自分が食べることはほとんど無くてね。
 それにお弁当には、卵焼きを作った後のフライパンでそのまま炒めて油っこいのですが、トースターで焼くと、油分が落ちてけっこう旨いわけです。
[PR]
by kotatsurock | 2006-04-06 13:31 | ごはんのこと | Trackback | Comments(4)
三つ子の魂百まで
 大げさですけど、幼い頃の体験というものは影響大きいですね。

 私の母は、お菓子類なるものをほとんど作ってくれたことがありません。電子レンジはありましたが、加熱だけ。温めたり蒸したりするくらいしか使うことがありませんでした。
 ケーキも焼けるオーブンなるものが我が家に登場したのは、かなり最近のこと。その時は嬉しがっていろいろ焼いたと思います。ただ食べるのは私ひとり、材料費も時間もけっこう必要だったのですぐに飽きてしまいました。

 本日、ワケけあってガトーショコラなるものを焼いてみました。前に一度だけ作ったことがあって、その時はもたもたしたため、出来上がりがゴムのごとく歯ごたえありな代物ができちゃいました。まーその記憶もあってか、今日は思いの外手順が良かったような気もするのですが。
 ネットで調べたレシピ、玉子の黄身は砂糖と合わせて白っぽくなるまでという指示に、ムキになって混ぜ合わせていたら酸欠状態か、またもや気分悪くなっちゃいましたよ。ちなみに全て手動です。経験が浅いので頃合いが分からない。
 メレンゲあたりは力まず適当にできたのですけどね。

 焼いているときに、真ん中がもこもこ膨らんできたので、あーあ今回は泡立てすぎたからパサパサになっちゃうのかと思いましたよ。
 型から出してみるとすんなり平らになって一安心。
d0017958_23201654.jpg


 お味の方は、たぶん夜11時過ぎないと食することができないと思いますので追加報告します。

 今回タイトルにした「三つ子の魂百まで」なのですが、かなり大げさです。
 私はべつに家の手伝いを全くしなかったわけでもなく(掃除はしませんでしたけど)、ただ、お菓子作りに関しては接する機会が家庭科の時間くらいのものだったわけです。我が家は、煮物や焼き物が多くて、そういうものなら感覚的に「どのくらいでいい」とか「このくらいかな」っていうのがなんとなく想像できる。すると応用もきく。というわけで、しみじみ何気ない生活から得る感覚というのは大きいのだなと思ったわけですね。
 それらを大人になってから習得することが不可能とかっていうのは全くないです。大人になってしゃんしゃんやる気になるにもきっかけが必要だったりするので、私なんぞは、お菓子作りを試みる機会が少なかったため、今もってその作業が一苦労で、ますますやる気が起きない悪循環なのでありました。

 手作りはおいしいのだけどね。

 今日は本当はクッキーとかも焼こうと思ったけど、力尽きました。今からカレーを作ります。カレーも市販ルーのお世話になります。


 そういえば、母ことばばが作ってくれたお菓子で記憶に残っているのは、食パンのミミに玉子をつけて、油で揚げて、砂糖をまぶすのかな。おいしいよね。あとは冷凍バナナかな(笑)。アイスクリームの代わりですよもちろん!

d0017958_23203461.jpg

追記
 大変おいしゅうございました。
 やった♪
[PR]
by kotatsurock | 2006-03-15 18:17 | ごはんのこと | Trackback | Comments(2)
春うらら
d0017958_11343823.jpg

 菜の花の芥子和えを今年も作りましたが、2本、鼻がいえ、鼻がいえいえ、花が咲かないかなと水にさしてみました。福岡産の菜の花です。

 そういえば、今日はとても寒い。
[PR]
by kotatsurock | 2006-03-13 11:41 | ごはんのこと | Trackback | Comments(2)
このくらいしかできないが...
 どうやらつれあいの仕事は忙しいらしく、夜も遅くまで、年を明けてから休日もなく、そういえば昨年末からそうなのだけど、お疲れ様なのである。私はと言えば...とても表現できないくらいのダラダラダーに変身している。
 家の中をきれいに磨き上げるとかすればいいのだけどね。
 申し訳ないので毎日弁当をつくることだけはサボらないようにしている。土日はしっかり弁当無し制度ができあがっているけど。

 そういえば休日もなくと書いてしまったけど、奇跡的に先週の日曜日お休みがとれた。何ができるわけでもなく、散髪に行って買い物の運転手になって回転寿司を食べたくらい。それでも一言「あ゛ー、かなりすっきりした、休まなきゃがんばれんわ」。なんと切実に響いてきたことか。
 私のように休みすぎると復帰することができなくなるケド。

 そんなこんな、毎日お腹をすかせて帰ってくるのだ。それで、昨日は珍しくお肉を用意していた。顔を見てから焼いたりなんかして、さてお皿に盛りつけていたら!?
 ご飯が炊けていなーい。

 炊飯スイッチ入れるのを忘れていたのサ。
[PR]
by kotatsurock | 2006-03-03 09:00 | ごはんのこと | Trackback | Comments(0)
コロッケ
 子どもの頃、コロッケは家では作ることができない料理だと思っていた。総菜のコロッケか冷凍のコロッケしか食べたことがなかった。
 ところが、中学の家庭科の時間でコロッケを作ったのだ! かなり感動だった。もちろん、すぐに家で作ってみたサ。
 ばばに「コロッケって家で作れるんだね」って自慢したら、いともあっさりと「作れるよ」と。ではなぜ彼女は作らなかったのか? 想像はつくけど。
 そういえば、私もコロッケは買ってくるなぁ~。

 もうひとつ家では作れないと思っていたのが「シュウマイ」。最近作れることを知って、嬉しがって何度か作製した。包むの楽しかった♪

 冷凍コロッケといえばカトキチだった。しかもエビコロッケ! まだあるのかなと検索してみたらあった! カトキチの総菜
 子どもの頃、兄と、中に何個エビが入っているか数えていたような...
 久しぶりに食べたいなぁ~
 レンジでできないところがまたいいではないか。
カトキチのエビコロッケ

[PR]
by kotatsurock | 2006-03-02 20:45 | ごはんのこと | Trackback | Comments(0)
いつか確かめるぞ!
 我が家の朝食はトーストです。
 オーブントースターに食パンを2枚並べて焼きます。
 とりあえず、大きい方をつれあい用に右に置いて焼いております。

 食パンは普通の四角だったり、イギリスパンだったり。普段はスーパーで購入です。
 そして、いつも疑問に思うのは、どちらが大きいか、どちらが重たいか? です。というのも、イギリスパンって、山の部分と谷の部分がありますよね。

 自分で食パンを焼いてはじめて、どうしてそうなるのか知ったのですが、まだ解決していないのはどちらが重たいかということです。単純に大きさより重さの方が腹持ちがいいかなと考えたわけです。イギリスパン

 いつの日か秤で量るぞと心に決めてはいるのですが、朝のバタバタでその望み叶わずです。私の想像では、同じような気がするのですが.....
[PR]
by kotatsurock | 2006-02-27 10:08 | ごはんのこと | Trackback | Comments(2)
密かな楽しみ
 の季節ですな。
 つれあいがは好きでないので、食べ放題です。
 といきたいところですが、サイフの口は堅かった。
 昨年は、お客さんが来たときに一度買っただけでした。
 でも、お客さんも好きではなかったようなので、結局ひとパック食べ放題でした(笑)。

 を食べるときは、洗って、ヘタをとって、1/2~1/4くらいに切って砂糖と牛乳を入れることが多いです。まあ、洗っているあいだに一つ二つ減っていくのは常ですが(笑)。
 あるとき、横着をして、切らずにミルクをしたときに、下図のようにして食べました。スプーンはゆっくり下ろしてくださいね。


 するとどうでしょう。

 ちょうどヘタをとったところから、同じサイズのちいさな泡が出てくるではありませんか!
 何故かはよく考えたらわかるのですが、小さく整った泡がいくつもできることに単純に感動してしまったのでありました。
 スプーンはゆっくりね。ゆっくり。
[PR]
by kotatsurock | 2006-02-18 10:41 | ごはんのこと | Trackback | Comments(0)