こたつ と申します。
by kotatsurock
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
いきもの日和
 私の行動範囲は狭い。
 狭いながらも動物ポイントがいくつかある。と言ってもベランダから野良猫や野鳥をちらり見するのが主だけど。

 今今の気づきだけど、猫は野良、鳥は野とはこれいかに。野良鳥とは言わないし、野猫とも言わない。言うかなあ。柳生、いえ野牛は変換できるぞ。犬は野犬、野良犬どちらもあるね。

 近所の野良猫一家は日々元気満々に暮らしている。黒猫くろちゃんのこどもこくろちゃんの3匹の子どもまごくろたち。くろちゃんの姿はもう見ることは無いけど、こくろちゃんの母親ぶりはたいしたものだ。孫たちはすっかり大きくなった。ただ今遊び盛りで駆け回ること! 仲間に入れてほしいなあ。

 野鳥は、スズメ、カラス、ハト、ヒヨドリ、サギ、ウ、カモメ... 

 サギは、アオサギはわかるのだけど白いのはチュウ、ダイの区別がつかない。最近、竹藪に多くのサギが営巣して被害があるとニュースで見た。竹を刈ったりせずになんとかお互いが暮らしよくできたらいいのになあと思いながらも、ベランダに来るハトを追い払う私であった... ああ、サギはサギでも詐欺はダメダメ。
 夜、サギの鳴き声が響いてくることがある。

 カモメは橋に並ぶ電灯の上に各々とまっている。歩道に白く爆撃の後が...
 このカモメなのだが、いつも見かけるような気がするのだけど、季節によって大きさが違うような気がする。何種類か渡ってくるのかなあ。ちなみに今は大きな奴らが飛び交っている。
 カモメを見るとジョナサンといってしまうのはなぜだろね(笑)。ばばが言ったので、聞いてみた。「なんでジョナサンって言うの?」「知らん、よく言うから」たしかにね。でもばばの頭の中はきっと『ジョナさん』だ。

 蝶々も舞っていた。
 大きな黒いのや、なんだかキラキラ光る緑のや、名前が分かるアゲハチョウや。けっこう高いところまで飛ぶのだね。


[PR]
by kotatsurock | 2007-10-26 09:21 | つぶやき | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kotatsu3.exblog.jp/tb/6446668
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mari at 2007-10-26 16:15 x
昔ね、「かもめのジョナサン」っていう小説があったのさ。
私も幼かったので読んでない。
(知ってたらゴメン)

そして、今年もありがとう!
Commented by kotatsurock at 2007-10-26 21:23
知っておりましたよ(笑)。
でも読んだのは大人になってからなので、
こういう話だったのかと驚きました。
ページ数少ないのでまた読んでみようかなあ。
でもジョナサンはすごいカモメなので影響を受けるよりもパンチをくらってしまいそうです。
ちなみに母は、小説の存在は知らないです。
ある意味すごいですよね。ジョナさん有名カモメ。

一年元気でまた来年を迎えませう。
Commented by mari at 2007-10-27 10:34 x
そうだよねー、知ってないわけないよね!
私は「にわとりのジョナサン」っていうパロディは読んだんだけど。
あまり子供向けではなかった。
カモメの方を探して読んでみよう。
Commented by kotatsurock at 2007-10-27 18:35
にわとりのジョナサン.....
知らなかったです。
なんだか気になるタイトルです!
検索したなら、訳者が青島幸男とはまたまた気になる(笑)。
私もニワトリの方を探して読んでみようかな~
<< 奇猫 クリムシくん >>