こたつ と申します。
by kotatsurock
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
製氷
 暑中お見舞い、ああ、もう残暑。
 残暑お見舞い申し上げます。

 どうにも利用する気になれないのが、冷蔵庫についている自動製氷器。見えない部分があるので、なんとな~く不安になる。そんなこと言ったら飲食店で「お冷や」いただけなくなりますけど。そんなこと言ったら水道管はどうなのとなりますけど。それは、ま、イメージで.... 本当はイメージなんだよねキタナイキレイは。

 話が閉じてしまいそうなので、開きます散らかします。

 自動製氷器は使わないのでふつうの製氷器を、氷の小部屋に入れて作っている。水は沸かし冷ましを使用。製氷器の下にストック用の器がついている。
 沸かし冷ましの水も、コーヒー用に湧かしたものが残るともったいないなあと氷らすようにしているけど、そうすると付いているストック用の器だけだと足らなくなる。氷の小部屋なのでそのままザザっと入れてしまってもいいようなものの、それはその私のやること、掃除が行き届かない。ということでもうひとつ容器が必要になった。
 そこで利用しているのが、お味噌が入っていたケース。フタもついているし大きさもちょうどいい。


 ああ、アイスが食べたい。
 ガリガリ君をストックしておくもすぐに無くなってしまう。
 そこで、自分でアイスが作れないものかと思案した。

 アイスクリームを作るには生クリームが必要なようだ。面倒くさい。それにアイスクリームよりもアイスキャンディーの方が好きなの♪ってなわけで、ネットで検索してみるとどうやら果物ジュースを氷らすだけでいいみたい。

 夏の生活に氷は欠かせない。製氷器をアイス作りに使うわけにはいかない。そんなこんなで100均屋に行ってみた。するとフタ付き製氷器なるものを発見! これはいい。
 氷の小部屋は普通の氷でいっぱい。ふつうの冷凍食品と一緒に氷を作るとなると、フタが付いていると重ねることも出来るしこれはいい!
 だが、それは水筒に入れやすい氷を作るものだった。細長い氷ができる。
 ナイスアイデアなのだけど、一口サイズのアイスにはならないなあと思いつつ、それしかなかったのでまあいいや。

 じゃじゃ~ん。
 いいかんじのアイスキャンディーができた!
 とりあえず、氷りきる前にいちど砕いておいたので、サクサク!



 おいしい。
 ああ、涼しくなった。
 セミ大合唱も風が吹く。
[PR]
by kotatsurock | 2007-08-09 10:40 | ごはんのこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotatsu3.exblog.jp/tb/5942502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 野菜放送 墓参りまわりひまわり >>