こたつ と申します。
by kotatsurock
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
マゴクロ
 近所の野良猫を、勝手に名付けて呼んでいる。
 白に黒の斑がある喧嘩に強い雄猫をセンセイ。ちなみにセンセイは首輪をしているのでどこかの家の猫らしい。
 あとは適当に色とか模様だね(笑)。
 茶トラはオレンジ猫とか、縞模様はシマちゃんとか。
 そして、黒はクロちゃん。
 クロちゃん雌。私たちよりも長くここら辺に住まっていた。にゃ~~~~~とかわいらしい声と共によく姿を見せてくれた。
 そのクロちゃんが子どもを産んだのは2年前かなあ。2匹の黒猫が遊ぶ姿はなんともかわいらしかった。そしてクロちゃんの子どもをコクロちゃんと呼んでいた。成長し、2匹のうち雄と思われる活発なコクロちゃんが姿を見せなくなった。雌のコクロちゃんは親のクロちゃんとここで生きることを決めたようだ。

 昨年、コクロちゃんが恋をした。
 新参者(シンザンくんと呼んでいた...)の猫と毎日毎日よりそっていた。そのうち新参者の姿をみることは無くなった。それは秋だった。そして冬がやってきた。
 それからシンザンくんが姿を見せることは無かった。他の新参者が通ることはあっても。
 そして春が来て、初夏の萌しあるころ、クロちゃんの姿を見なくなった。

 「クロちゃんどこ行ったんかねえ」

 「クロちゃんどこ行ったんかねえ」

 なんとなく分かっていても口にしてしまう。

 心配なことにコクロちゃんの姿も見かけなくなった。

 口に出るのはなぜか、「クロちゃんどこ行ったんかねえ」

 コクロちゃんは姿を見せてくれた。なんとなく痩せていた。
 そして、近くで見かけたときよく見ると、お腹が垂れ下がっておっぱいが見えていた。
 もしや!?

 心待ちにした。
 なんとなく、そろそろお披露目してくれるのではという予感で、毎日(笑)きょろきょろと辺りを見回しながら歩く。

 いた!

 3匹。黒、黒、黒白。
 もう、かなり大きくなっているではないか!

 しばらくして、またのぞいてみると、コクロちゃんがお乳を与えていた。まちがいなくコクロちゃんの子どもたちだった。

 いつもお母さんのそばにいて、まだまだ小娘だったコクロちゃんがお母さんになった。
 涙が出てくるよ。
 うれしくって。

 子猫たちは元気いっぱい。うちのベランダからも見ることができた。早朝、ベランダからながめた。ずっと見ていそうだ。




 台風が近づいている。
 がんばって生きのびるのだよ!

 あ、お父さんは誰だろう?
[PR]
by kotatsurock | 2007-08-02 12:38 | ねこのこと | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kotatsu3.exblog.jp/tb/5903900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かみちょ at 2007-08-03 16:18 x
野良猫のいる生活っていいですねぇ。
俺の住んでる周辺ではめったに見かけないですよ。
見かけてもすぐ逃げるし。猫不足。
Commented by kotatsurock at 2007-08-04 00:26
>猫不足
それは淋しいけど、その表現気に入りました(笑)
猫過剰の方がうれしいかな。
猫もふりたい!
しかし、ゴミ袋解体している猫を見かけると、ゴラァ~とやってしまいます。なんとなくいつも見かける奴だから愛情込めて追い払います(笑)。
<< 墓参りまわりひまわり 子どもの頃の夢 >>