こたつ と申します。
by kotatsurock
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
先生
 近所で見かける猫を、勝手に名前をつけて呼んでいる。たいてい色や模様から自然と呼ぶようになる。黒いとくろちゃんとか。大抵、野良猫なのだけど、飼い猫もいて、その猫のことは先生と呼んでいる。もちろんニャンコ先生からいただいた。白に黒が少し。

 先生は強い。

 外から猫の雄叫びが聞こえてくる。窓からのぞいてみると2匹の猫がにらみ合っている。先生と野良猫だ。2年前はサバトラ猫、昨年はオレンジ猫と白猫、今年は黒白猫と。
 鳴いて威嚇するのは相手の猫。先生はだまって睨んでいる。
 そして、相手はじりじりと間合いを詰めてくる。
 かなり長い間、その状態が続く。
 先生は微動だにしない。
 そして相手は、しっぽをたらして去っていくのだ。

 先生強い!
 でも、女、子どもには手を出さない。
 暖かくなり始めのころ、白い雄猫がくろちゃんの寝床(なかなか良環境だった)を襲っているのを見たことがある。けしからんと思ったけど、くろちゃんも負けてはいなかった(笑)。
 その白猫は先生に追っぱらわれたに違いない、と信じている私。


 昨日、階段を下りていると、先生とばったり出会った。いつもならサササと逃げていくのに、その時は逃げなかった。先生と声(通じるはずがない 笑)をかけて、写真を撮らせてもらった。それからな、なんと! 触らせてもらった。ゆっくり手を伸ばし、指先をにおってもらって、触っていい? と問いかけながら、後ろあたりをゆっくりなでさせてもらえた。ぎゃーうれしい!
 じつは先生、なにやら別のことが気になっていたようで、人間ごときには気が回らなかったようだ。黒白猫との対決はその後のことであった。

 いやー先生の顔は恐カッコイイよ。
[PR]
by kotatsurock | 2007-04-11 10:52 | ねこのこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotatsu3.exblog.jp/tb/5134312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< イェス! オフコース まず運動不足解消から >>