こたつ と申します。
by kotatsurock
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
洗顔石鹸
 子どもの頃、時折、石鹸の贈り物が届いた。箱の中央には大抵ひとつ、色も大きさも形も違う石鹸が入っていた。今でこそ、それは洗顔石鹸だったのだと分かるのだけど、その頃はそのようなものがあることじたい知らなかったので、それがなぜ入っているのか分からなかった。なんとなく泡が立たなかったのだ。
 けれど、形や色には独り占めしたくなるような、一番に使いたくなるような魅力があった。
 どうにもこうにも矛盾した代物だった。

 そういえば、私は高校に行くようになってやっとこ、そういうものの存在を知ったように思う。その頃もそれまでも普通の石鹸で顔を洗っていた。知ったところで、泡立てて使うなんて発想はなく、チューブ(その頃使ったのは)から出して、手のひらにひろげるくらいでそのまま顔に付けていた。今考えると恐ろしい(笑)。
 本当に何も知らないというか.....

 母も普通の石鹸で洗っていたのかなぁ~

 とにかく、我が家では洗顔石鹸というものは存在せず、その美しい石鹸も、ほかの石鹸と同様風呂場行きの順番を待つのみであった。


 それから年月は経ち、一応、今ではその洗顔石鹸なるものを使用している。

 そして思うのだ。顔はこの石鹸を泡立てて、手を使って洗う。体はタオルを使って洗う。物理的効果を利用せず、化学反応だけで洗浄しようとしているのだ。もしかすると洗浄力は洗顔石鹸の方が強いのではないかと?
 そこで、もったいないと思いつつ、時折、洗顔石鹸を使って全身洗浄をしてみたりするが、よく分からない。
 反対に普通の石鹸で顔を洗ってみたりもするけど(よく泡立てて)、やっぱりつっぱる。
 流すだけでは、そのうち皮膚が厚くなる気がするし..... 未完。
[PR]
by kotatsurock | 2006-12-05 16:53 | くらしのこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotatsu3.exblog.jp/tb/4307496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 美しさ 木枯らし >>