こたつ と申します。
by kotatsurock
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
あっぱれ段ボール
 電気製品などを購入すると、必ず梱包されている。主に段ボールに入って家に届く。そして、品物は取り出され、段ボールは解体されて資源ゴミとなる。

 その、段ボールを解体するときにいつも思うこと。
 中身を固定するために、発泡スチロールとかその他緩衝材が使われていることはもちろんだけど、さらに段ボールが使用されていることがある。そして本体と部品、付属品が分けて収められている。
 その、中に使われている段ボールにいつも感心する。
 きっと、専門の会社が請け負い、梱包される製品の大きさや部品の大きさ、数をうまく収められるように設計されるのだろうなー。切り込みや折りだけでみごとな型になる。壊すのがもったいないくらい。

 おみやげにいただいた饅頭の箱なども、糊などいっさい使わなくてもよいつくりになっていたりする。

 箱を捨てるのがなんだか苦手なのだけど、それでも全てを残しておくわけにはいかないので、しばらくは除けておくが、結局は解体して資源ゴミに出す。
 解体していると、作った人の工夫にいつも感心させられる。
[PR]
by kotatsurock | 2006-09-13 11:26 | すばらしい仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotatsu3.exblog.jp/tb/3786437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< どこにあるのだ? 季節を感じる >>