こたつ と申します。
by kotatsurock
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FM雑誌のお話
 その昔、2週間隔で出版されるFM雑誌を購入していた。
 兄の影響なのだけど、最初、彼が「レコパル」を買っていたので、私は週刊FMを定期購読することにした。それから、彼が県外に出てしまうとレコパルを買ってみたり、最後はFMfanを買うようになった。
 私が読むのは、新譜のところとFMの番組欄のところ。NHK-FMの番組などは、リクエスト以外はほとんどの曲目が載っていたと思う。その頃はエア・チェックと言ってカセットテープに録音して聞いていたよ。
 番組を録音したテープが若干残っている。曲だけを録音しているテープよりも、番組ごと録音しているテープの方がおもしろいんだよね。

 今思えば、なぜFM雑誌というカテゴリーなのかわよく分からないのだけど、そのFM雑誌というのは、実はオーディオ関連の記事が主だった。だから、私みたいな読者は豚に真珠の世界。
 それでも、連載記事で初心者向けにわかりやすく説明してくれるコーナーなどもあり、そのへんはちょこちょこは読んでいた。
 それからいつかコンポを揃えることを目標にした。

 数値の説明は全然分からないけど、自分なりの好みや求めるところの基準はあったみたいで、そのレーダーは意外と正確に反応したように思う。といっても、分相応なものを選ぶようにしたかな。どちらにしても鳴らせる部屋ではなかったので。
 最初は家にあった古い家具調ステレオ。カセットデッキやCDプレイヤーはお金を貯める間に故障してしまい、それを買い換えるので精一杯となった。最後の最後に、少ない冬のボーナスでスピーカー(店舗改装のため現品限り)を購入。宝物なのである。
 旅行に行くとか、着飾るという趣味が無かったのでその分はそういうことに使ったかな。

 なんだかFM雑誌から離れたぞ。戻ろう。

 オーディオ界の神様、長岡鉄男先生が選んだ年間の「ダイナミック大賞」なんぞを参考にしました。高額でないものに飛びついた(笑)。
 そういう、商品のオーディオ情報は、購入予定があるときには、私なりに参考にしたかな。

 そして先日、押し入れの整理をしていると、雑誌の切り抜きが出てきた。その中に、FMfanの連載記事がありまして、タイトルは「Digital Audio Wonder Land」、執筆は沢村とおる先生。全42話、すべて切り取ってあった。
 ビットの説明から始まって、基本的な説明がしてあるのでとても勉強になる。お恥ずかしい話、全部を読んでいないのだけど、今読んでも遅くはないくらい基本的なことが書かれてあるのでいつか必ず読んで理解するつもり!
 デジタルについて分かるだけでなく、アナログのすばらしさも分かる内容になっている。もちろんデジタルのメリットもたくさん。ただ、DATの説明あたりは時代が新たな展開を見せたため古くなってしまった内容もある。どんどん進化しているので若干新しいことを認識して、比較するくらいになれたらいいかもなぁ~なんて思っている。

 残念ながら、長岡鉄男先生、沢村とおる先生はすでにお亡くなりになられ時の流れを感じる。FM雑誌も無くなってしまったのだね、しみじみ。
[PR]
by kotatsurock | 2005-12-01 19:59 | つぶやき | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kotatsu3.exblog.jp/tb/2294584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by じょん・ろーど at 2005-12-02 23:30 x
ウチはFM station。あのタペストリーになるようなイラストが表紙のやつ。やっぱベストヒットUSA世代ですからw
ちなみにDATデッキ持ってます(笑)音楽関係者は今でも減ってきたとはいえ必需品だよん
Commented by kotatsurock at 2005-12-03 08:58
4大FM雑誌がそろいましたねぇ~w
じょんさん、ソニーがDAT国内出荷12月初旬で終了と発表していますが…
世知辛い世の中になってしまいましたねぇ~
それからデンオンがいつからデノンになったのだ!?
知らなかった…
時の流れに追いつけませぬ。
なのでレインボーですw

それからベストヒットUSAは夜更かしが苦手な私は、あまり見ていないのですよぉー ちょっとは見てるけどヒヒw
Commented by rs422a at 2005-12-04 21:09
こんばんは。
元FMエアチェック少年の中年男です。

FM station付録のカセットレーベルがお気に入りで毎号購読していました。
私もFM番組表より記事目的でした。
でも、今でもNHK-FMだけはエアチェックしがいのある番組を流していますね。
「昼の歌謡曲」とかけっこう貴重な音源がかかるときがあって新聞の番組表をチェックしています。
おっと明日からは中森明菜とか小泉今日子とかまさしくFM雑誌世代の方々の特集のようです。

DATデッキは持っていますが数年間火を入れていません。
圧倒的に音はいいのですが、持ち運びなど汎用性がなかったのが致命的ですね。
Commented by kotatsurock at 2005-12-05 09:22
rs422aさんいらっしゃいまし。
数年チューナーの無い生活をしていたので、FMラジオを再び耳にするようになったのは昨年ころからでした。
こんな地方でも局が増えていたり、リクエストがメールでできるようになっていたりと浦島太郎になった気分でした(笑)。

しかし、チューナーという単品は地方の電気屋の店頭には置いていなくて少々愕然としました。そのうち内蔵式に淘汰されてしまうのでしょうかねぇ~。

エアチェックって久々に使ってみたけど死語に近くなっているのですかね(笑)。
昔のアイドル歌手のCDはブックオフとかでお安く売っていますよ!
Commented by rs422a at 2005-12-05 23:02
こんばんは。
ラジオのエアチェックは「無料」というのが最大の魅力です。
FMラジオ局、確かにいつのまにか増えてますよね。
新潟県まで民放2局なのですからびっくりです。
実は先週の日曜日にCD/MDステレオを購入したのでうれしくてエアチェック記事を探していて本ブログにたどりついたのです。
今日のNHK-FM昼の歌謡曲「小泉今日子特集」を聴いています。
青春時代がよみがえってきます....

中古CDはうかつに買ってくると家族からどやされますから買えませんです...ハイ....
Commented by kotatsurock at 2005-12-06 08:23
rs422aさん。
我が家では、ラジオが聴けるミニには録音機が接続されておりません。
カセットデッキは動かなくなってしまったし・・・です(笑)。
<< ショートカット 残すところ >>