こたつ と申します。
by kotatsurock
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
エリザベスカラー
 猫が傷口を舐めないようにするこのエリザベスカラー、猫にとってはかなり邪魔くさい代物だ。

 実家の猫が避妊手術をしたあと、やはりこのエリザベスカラーをつけられた。それでも、うちの猫は傷を舐めたので、それはどんどん大きくなっていった。
 大きくなると共に、重たくなる。そして彼女のストレスは最高潮に達してしまった。首をうなだれて、目もうつろに。人間でいうところのノイローゼ状態で見ていて辛かった。
 見かねた母が、前掛けを作って、カラーをはずしてやった。白いガーゼ地で、首(腕の付け根)と後ろ足(しっぽのあたり)でくくる。金太郎さんのようなかんじ。

 すると、気が晴れたのか、嬉しそうに走り回った。d0017958_2133234.gif
 そして、あっというまに回復した。

 あのまま巨大エリザベスカラーをしていたら、別の病気になっていたよきっと。
[PR]
by kotatsurock | 2005-10-03 09:08 | ねこのこと | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kotatsu3.exblog.jp/tb/1911195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wolf_japan at 2005-10-08 10:40
こんにちは、こたつさん。
あれ、邪魔ですね。ウチの莫迦猫も何度かつけたことがある(プラ板で自作)のですが、水を飲んだりエサを食べるのにも邪魔だし、どこかに潜り込んだりジャンプするのにも一苦労。できればつけたくないけれど、それがないと、足で引っかいて傷がひどくなったりで、どっちにしても大変でした。お母さんのやったような上手い解決方法が見つかると好いんですけれどね。
Commented by kotatsurock at 2005-10-08 14:05
オオカミさん、いらっしゃいまし。
あれは、とにかく軽くしてあげたいものですよね。
それにしても、なんとかして舐めようとする根性はすごかったです。
うちの猫も、カラーが大きくなる前にあきらめればそれほど辛くなかったのに・・・です(笑)。
はずした後、うれしそうに駆け回る姿は今でも記憶に残っています。
<< 蒐集の行方 ぶく ぶく ぶく >>