こたつ と申します。
by kotatsurock
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
言葉
 なんとなくふさぐ時があります。そういう時はいろいろ考えすぎてしまい、気持ちが悪い方へ悪い方へ向かいます。つい最近もそんな時に、暗い記事を投稿してしまいました。そして削除しました。そんな記事を目にした人がいたらごめんなさい。




 好き嫌いはべつとして、人は自分より強いと思いがちです。強いという表現はおかしいです。なんていうか、自分よりは聡明で心が広いと勝手に決めつけています。実際そうなのですが、そう思うがため、どしんとぶちあたってしまうこともあります。
 しかし、それはひとりよがりなのですね。
 聡明で心が広い人にこそ配慮や節度が必要になるのですよね。そんなあたりまえのことが未だにできず、知らぬうちに人のふところへ土足で入っていることがあります。


 最近はよく「がんばらないで」という言葉を目にします。
 確かに頑張り過ぎた人の緊張をほぐすのには効果的で一理あるとは思うのですが、最初からがんばらない人に使う言葉ではありませんよね。「がんばらないで」という言葉の裏に「がんばって」があることを受け止めるのはなかなか難しいです。

 言葉のシーソー。
 ひとつを褒めると、もう一方をべつにけなしているわけではないのにそう受け止めてしまう。心の狭さがそうさせるのかな。つまらないことでウジウジ悩むのはそこから来る僻みだったりします。
 反対に褒められたとき褒められなかった人を気兼ねに思う。それは反対に失礼なことですよね。また、幸福だと申し訳ないような気がしてくるとか…。
 そうやっていつもシーソーの上にいるのがいやで、すぐにドロップアウトする。これが私の実態です。けれど、目立たなくおとなしくしているのに自分っていう奴はニョキニョキ顔を出す。困ったものです。
 そして又、自分が発した言葉にカタンと落ちが生じているのではないかと、発した後で後悔する。言葉ってむずかしいですね。

 言葉を素直に発し、素直に受け止めればよいのかな。
 でも、込められた思いや、言葉の裏の意味にも気づきたい。

 ただ、世の中には皮肉な人もいるのも知っています。それに私のような人もいるかもしれません。自分の事を顧みるほど、言葉を選ぶことに迷いが生じてしまいます。結果おかしなことになることしばしばです。
[PR]
by kotatsurock | 2005-08-31 12:24 | 挨拶をば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kotatsu3.exblog.jp/tb/1673177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< コマ送りの外出 見習わなきゃなぁ~ >>